医者

癌は放射線治療で改善しよう|最も効果の高い治療法

放射線腫瘍医と副作用

看護師

放射線治療は最近癌の部位によっては高い治療効果が得られるようになりました。そのため、放射線治療の技術が優れている病院も人気が出てきています。特に放射線腫瘍医が在籍する病院は高い技術を持っています。副作用としては放射線を当てた直後に出る炎症があります。

Read More

的確な判断が出来る医師

病院

国内では、癌の治療には外科手術の利用が多く見られます。しかし、放射線治療も現在では進化し、効果的な方法が増えています。放射線治療には、確実な医師の判断が重要になるので、信頼出来る経験豊富な医師を選ぶようにする事が大切です。

Read More

完治させるために

医師と患者

放射線治療を受けると、手術後の体内に残っている癌細胞を除去することができます。癌の完治の可能性が高くなるので、放射線治療を受ける人は多くいます。また、初期の癌の場合は、これのみで完治させることもできます。さらに体の外部から照射できるので、体への負担は少ないです。そのため入院も必要ないことが多いです。

Read More

成果をあげています

女医

細胞分裂を抑制します

放射線治療は、近年めざましい成果をあげている治療法です。日本は手術の割合が多い傾向がありますが、欧米では6割以上が放射線治療となっています。癌の放射線治療は、全身に広がった手術ができないケースにも有効で、病巣が複数確認されたケースでよく用いられます。放射線治療は、放射線を照射して癌を攻撃する治療法で、癌化した細胞だけをピンポイントでねらうことが可能です。放射線は、細胞分裂の際、ねらった遺伝子に作用して、癌化した細胞の分裂を抑制したり、癌化を防いだりします。それにより、がん細胞を消滅させたり、少なくしたりできるのです。手術では、周囲の正常な細胞まで癌細胞とともに除去しますが、放射線治療は周囲の細胞を温存できます。

希望の抱ける治療法

放射線治療には、副作用が出ることがあります。頭痛、吐き気、毛髪の脱落、食欲減退、疲労感などが現れます。治療は、しっかりとした治療スケジュールのもと数回から数十回行う必要があり、患者への精神的、肉体的負担も生じます。ですが、傷跡が残る手術と違い、メリットも多いです。放射線が照射された癌細胞は、ほぼ確実に消滅します。癌細胞を検知する技術の進歩により、癌細胞を見逃さずに一掃することが可能です。例えば、胃癌で胃を切除すると、その後一生、食事制限をしなければならないケースがあります。放射線治療では、器官を取り去ることがないので、異常な細胞が除去されれば、器官の正常なはたらきが戻ります。希望の抱ける治療法と言えます。