ドクター

癌は放射線治療で改善しよう|最も効果の高い治療法

放射線腫瘍医と副作用

看護師

癌が発生した場合、治療方法には大きな3つの柱があります。一つは手術、一つは化学療法、一つは放射線治療です。今までは癌に対する一番効果的な治療法は手術とされてきました。そのため、特に手術の技術が優れた名医がいる病院は全国から患者が集まる人気の病院となっています。しかし、近年では癌に対する放射線治療の技術は目覚ましい進歩を遂げ、部位によっては手術と同等の治療効果を上げるようになってきました。同じ治療効果であれば、患部を切除しないで治療する放射線治療のほうが体への負担はずっと少なくなります。そのため、積極的に放射線治療を受けるというのも立派な選択肢です。特に放射線腫瘍医という医師がいる病院は放射線治療の技術が優れているため、最近人気が出ています。

放射線治療は癌細胞に直接働きかけて減少、あるいは死滅させるものですが、同時に多少なりとも正常な細胞にもダメージを与えてしまいます。そのため、人によって程度は様々ですが、何らかの副作用が出てしまうのが特徴の一つです。放射線治療によって引き起こされる副作用は大きく分けると二つあります。その一つが急性反応とよばれるものです。これは放射線を当てた直後に何らかの体の異変が現れるもので、具体的には放射線を当てている部分の臓器が炎症を起こすというものです。放射線は癌細胞だけではなく、正常な細胞にも少なからずダメージはあるので、治療が長期的になると特にこういった症状が現れやすいです。しかし、一時的なものであるのが特徴で、治療が終了すれば炎症は収まっていきます。