ドクター

癌は放射線治療で改善しよう|最も効果の高い治療法

完治させるために

医師と患者

増殖を防ぐ治療

癌の治療は、多くの場合は手術によっておこなわれます。癌細胞が多く集まることでできている腫瘍を、手術で摘出して、そこから新たな癌細胞が生み出されることを防止するのです。しかし腫瘍を摘出しても、目には見えないほどの小さな癌細胞の塊が体内に残っている場合があります。それを除去するためにおこなわれているのが、放射線治療です。放射線治療とは具体的には、癌細胞が集まっている可能性のある場所に、放射線を照射するという治療です。放射線の影響で癌細胞は変質し、増殖できない状態になります。増殖しなければ、癌はそれ以上進行することも、転移することもなくなるのです。癌を完治させることは手術のみでは困難なのですが、放射線治療をあわせておこなうことで、完治の可能性はアップします。そのため完治を希望する多くの人が、放射線治療を受けています。

体への負担の少なさ

ごく初期の癌の場合、放射線治療のみで完治させることが可能となっています。しかもまだ腫瘍がそれほど大きくなっていない場合には、手術をおこなうよりも放射線治療で増殖を止めた方が、体への負担が少なくなります。なぜなら、病状にもよるのですが、放射線治療は体の外部からおこなうこともできるからです。たとえば脳に腫瘍ができている場合、それを摘出するためには、頭蓋骨を部分的に切り取るという大掛かりな手術が必要となります。しかし放射線治療なら、頭蓋骨はもちろん頭皮を切開することもなく、放射線照射で腫瘍を小さくしていくことができるのです。また、原則として入院の必要がなく、自宅から通院しながら癌治療を進めていくことができるという点も、メリットのひとつとされています。